(平成28年1月〜平成29年3月)山口県発注
萩市北部地域の記録的な集中豪雨により決壊した港橋の復旧工事。

橋台の基礎として、マイクロパイル工法にて、既製杭を17本、橋台躯体を45㎥、護岸復旧を58㎡施工した。
作業ヤードが狭く、家屋が隣接している条件の下、開通に向けて各業者との密な施工調整を行い無事故・無災害で竣工した。